お客様の声

2019.11.05 11:00:59

インフルエンザ対策

カテゴリ : 豆知識

皆さま、こんにちは!

日に日に気温が下がり、秋が深まってきましたね。

寒くなると心配なのが、例年猛威を振るっているインフルエンザ。

流行のピークは1月~2月ですが、11月から流行り始めるので、

早めの対策が大切です。

そこで、復習の意味を込めて対策をまとめてみました。

 

①手洗い・うがい

基本中の基本ですが、帰宅後や食事前の手洗い・うがいを徹底しましょう。

手洗いは、手のひらだけでなく、甲・爪先、爪・指の間、手首まで丁寧に

洗うのがポイント。ノロウイルスなど食中毒予防にも重要です。

消毒用アルコールジェルを使うのもおすすめですよ。

 

②こまめな水分補給

喉や鼻の粘膜にある線毛は、ウイルスや菌を排出する働きがあります。

水分量が低下し乾燥してしまうと、線毛運動も鈍くなりますので、

こまめな水分補給を心がけましょう。

喉の渇きを感じる前に水分を摂るようにしてくださいね。

 

③バランスの取れた食事・良質な睡眠

細胞の抵抗力を高め、免疫力をアップさせる食事を摂るのがおすすめです。

ビタミン類、タンパク質を積極的に摂ってください。

特に、ビタミンDは免疫力を高める優秀食材!イワシ・鮭・サンマ・サバなどの魚や、

きのこ、卵、アーモンドなどナッツ類に豊富に含まれています。

十分な睡眠も体の抵抗力を保つために大切です。

 

④適切な湿度管理

乾燥はウイルスが好む環境を作ってしまうので、室内では加湿器を使うなどして

乾燥を防ぎ、喉を守りましょう。50%~60%が理想と言われています。

洗濯物を室内に干したり、観葉植物を置く、洗面器・コップに水を入れて

おくだけでも乾燥対策になります。

 

⑤マスク着用

やはりマスク着用は感染予防に効果的!

マスクを付けることで、「うつらない」だけでなく、万が一かかってしまった場合も

「うつさない」ためのエチケットになります。常にカバンに入れておくと安心です。

そして、マスクは常に新品を使うようにしてくださいね。

 

④ワクチン接種

流行のピークを迎える前に早めのワクチン接種をおすすめします。

ワクチンを接種したからといって完全にかからないとは言えませんが、

軽症で済んだり、合併症発生のリスクを軽減することができます。

 

どれも基本的なことではありますが、大切なことなので是非ご参考にしてくださいね。

 

 

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

お客様の声

最近のお客様の声

カテゴリー

月別アーカイブ

商品カテゴリーから探す