• 成分情報 ソープに含まれているグリシン アラニン

お客様の声

2018.11.28 14:01:01

成分情報 ソープに含まれているグリシン アラニン

カテゴリ : 未分類

本日も、イル・ヴリールの看板商品、フェイシャルソープに含まれている成分のご説明をさせていただきます。

・グリシン

吸湿性作用は他の保湿剤に比べて緩和ですが、乾燥に対して水分を一定に保つ性質もあるので、保湿剤、柔軟剤として各化粧品に用いられています。

白色の結晶又は結晶性粉末で臭いはなく、味は甘いです。

グリシンは生体内でセリンなどから生合成されます。さらにグリシンからクレアチン、グルタチオン、グリコール酸など生理的に重要な多くの物質が生合成されます。

解毒作用があり、尿中に排泄されます。また、エタノールより強い血管拡張作用があり、医薬品としては栄養剤、制酸剤、解毒剤、筋無力症のクレアチン生成促進剤などとして用いられています。

食品としては、調味、保存料などとして用いられています。化粧品原料としては、静菌作用、キレート作用、酸化防止作用などもあり、石けん、歯磨き、頭髪用製品、クリーム類、洗顔料などに使用されています。

・アラニン

不せい炭素1個を有する最も簡単なアミノ酸です。無色~白色の結晶又は結晶性粉末で臭いはなく、味は甘いです。

糖質代謝に重要な関連を持ち、脂肪酸の生合成に関与しています。NMFの組成にセリン、アラニンなど16種類のアミノ酸が遊離の形で約40%含まれていて、アミノ酸が化粧品原料として興味ある物質であることを示唆しています。

保湿効果が高く、角質に含まれる天然の保湿成分の1つです。また、肌表面がアルカリ性にならないようにする働きもあり、角質層のバリヤー機能を高めています。

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

お客様の声

最近のお客様の声

カテゴリー

月別アーカイブ

商品カテゴリーから探す