カンボジア産シルクプロジェクト 調印式

MINUTES OF MEETINGS FOR

SDGs BUSINESS VERIFICATION SURVEY WITH THE PRIVATE SECTOR

FOR HIGH ADDED VALUE OF CAMBODIA GOLDEN SILK FOR

PROMOTION OF SERICULTURE INDUSTRY

【 養蚕業振興に向けた国産シルクの高付加価値化における普及・実証・ビジネス化事業 】

 

2020年3月19日、カンボジア プノンペンにある王立農業大学において、

王立農業大学・JICA・株式会社イル・ヴリールの3社で、上記プロジェクトの調印式が行われました。

 

当プロジェクトは、カンボジア国で生産される良質なシルクプロテインを活用することにより、

シルク産業の活性化に寄与するものです。

シルクプロテインを原材料に加えたシルク石鹸を製造し、シルクプロテインの有用性を実証するとともに、

シルクプロテインが繊維産業以外の幅広い分野で活用されることも目標としています。

 

王立農業大学(RUA)の研究室内にて、高品質なシルクプロテインの抽出・品質検査・粉末化を行う

設備を設置し、蚕の品種特定をはじめ、様々な調査・分析を行っていきます。

 

さらに、タイ国マハーサラカム大学(MSU)の協力の下、シルクプロテインの検査マニュアルを作成、

RUAが持続的な品質検査体制を構築し、各種技術力の向上および継続・品質管理の徹底など、

優秀な人材育成を行うことも重要事項と捉えています。

 

このように、産官学が連携して、カンボジア国シルクのブランディング促進に取り組んでまいります。

このプロジェクトを弊社のSDGs事業と位置付けて、成果を上げていきたいと思います。

当プロジェクトの今後の展開にご注目いただけましたら幸いです。

 

★現地のTVニュースの模様です

↓  ↓  ↓  ↓

BAYON TV NEWS