人民日報 海外版に掲載されました

弊社代表の加藤が、人民日報 海外版 10月号 表紙と特別インタビューページに掲載されました。

加藤は、一般社団法人 国際医療協力推進協会 代表理事としても精力的に活動をしております。

 

協会の新たな取り組みは、中国からのインバウンドを対象にしたメディカルツーリズムを

システムとして構築することです。これは日中両国の医療水準の向上を目的としています。

まずは「肝炎」に特化したメディカルツーリズムを企画し、旅行会社と提携して

医療ビザ発行申請から、医療通訳、日本での滞在期間中のホテル、タクシー手配まで手厚く

サポートする体制を整えております。

 

この度、東京、大阪、福岡、札幌など各地の病院と提携し、本格的に始動しました。

中国各地の日本領事館、病院と連携し、仕組み作りに尽力してまいります。

今後とも当協会の活動にご支援とご協力を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。