マロニエエキス

マロニエエキスとは、マロニエ(セイヨウトチノキ)の果実、又は葉から、水・アルコールなどで抽出したエキスである。 
マロニエはバルカン半島原産のトチノキで、日本でも街路樹として知られている。
マロニエエキスには、サポニン、フラボノイド配糖体、アントシアニンなどの抗酸化成分や殺菌成分を含み、収斂作用がある。
マロニエエキスには、ひきしめ、血行促進作用があるので、セルライト除去を期待して、スリミングジェルに入れられる。また、抗酸化作用により紫外線にさらされやすい、髪の毛のケア製品にも使われる。
ハマメリスやソウハクヒエキスなどとともに、植物エキス成分を生かしやすい、自然派化粧品がでている。